読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス講師ののろのろな日々

勉強のこと。社会ネタのこと。最近読んだ本のこと。時事問題の作成。愚痴など。を思いつくままに書いていきます。

勉強の方法~国語力編①~

勉強

どうも。

 

今日は久しぶりに勉強の方法について書きたいと思います。

 

自分の言う勉強方法は小手先のテクニックではありません。

物凄く地味で、すぐにどうにかなるものではないのでご了承ください。

 

そもそも、小手先のテクニックなんか教えるから、ダメなんですけどね。

だけど、そこに縋りたくなるんですよね。人間って弱い生き物ですよね。

 

なので、『国語力』という名前にしました。

 

国語力とは

 

書く力と読む力の総合力です。

 

 

書く力は自分の考え、意見を文字で表現できるようにすること

です。

 

学生はとても苦手な分野だと思います。

 

 

その原因は何か。

 

そもそもの語彙力がないということもありますが、

 

自分の考えを発信しても否定されるのが怖い・嫌だ

 

ということがあるのだと思います。

 

 

自分が学生時代よりもはるかにSNSが発展して

 

ツイッターをやっている生徒が大半ですが、自分の意見を書くというよりも、他の人に嫌われないように同調するような意見を書かないと

 

みたいな心理が働いていると思います。

 

なので、裏アカウント(裏垢)みたいなものが存在するのではないでしょうか。

 

自分は、国語力を鍛えるために

 

www.amazon.co.jp

 

を使わせてもらっています。

 

とにかく、恥ずかしがらず自分の意見を言えるようにする。

 

そのために語彙力や知識を身につける。

 

というように、やることのループが生まれる気がします。

 

もちろん、先生や保護者みたいに、添削してくれる方がいることが大前提です。

 

一人で書き続けても成長はしません。

 

書いたものを見てくれる人、そのお題に対して討論ができる人がいることが

 

大きな成長につながります。

 

次回は、読む力について書きます。

 

それではまた。